安藤泰久  Prof. Dr. Yasuhisa ANDO

 
 

1962年横浜生まれ。1981年横浜緑ヶ丘高校卒業。 1985年東京工業大学(工学部生産機械工学科)卒業。 1987年東京工業大学総合理工学研究科修士課程修了。1987年日本電気株式会社入社。1989年同社退社後,通商産業省工業技術院機械技術研究所入所。2001年組織改編により、産業技術総合研究所に所属。2003年より同研究所 機械システム研究部門(その後、先進製造プロセス研究部門に改編)トライボロジー研究グループ長。 1999年~2008年 筑波大学連携大学院機能工学系助(准)教授。2010年より、国立大学法人東京農工大学大学院先端機械システム部門教授。

1997年 東京工業大学より学位(博士(工学))授与。

2006、2008, 2012年度 日本機械学会賞(論文)。2007年度日本機械学会船井賞。2016年度農業農村工学会優秀論文賞。

日本機械学会フェロー、日本トライボロジー学会会員、インドトライボロジー学会終身会員、International Nanotribology Forum (INF)メンバー。

趣味は、テニスサッカースキー山歩き


別ページに農工大着任後の論文リスト口頭発表リストなどがあります。

 

略歴

安藤泰久 (あんどうやすひさ)、博士(工学)

国立大学法人 東京農工大学
大学院工学研究院 先端機械システム部門 教授
兼務:工学府機械システム専攻/工学部機械システム工学科
〒184-8588 東京都小金井市中町2-24-16
e-mail: y-ando[あっとまーく]cc.tuat.ac.jp

独立行政法人 産業技術総合研究所
先進製造プロセス研究部門 表面機能デザイン研究グループ 客員研究員